公益社団法人日本超音波医学会|The Japan Society of Ultrasonics in Medicine

超音波検査士制度委員会

(会 告)

公益社団法人日本超音波医学会認定超音波検査士制度
第4回超音波指導検査士(腹部領域)資格更新実施について

公益社団法人日本超音波医学会
理事長 工藤 正俊
認定超音波検査士制度委員会

公益社団法人日本超音波医学会認定超音波指導検査士(腹部領域)の資格更新を下記の要領にて実施いたします。詳細は下記の更新書類申請要領他を参照してください。資格更新対象者で本会ウェブサイトの会員専用ページにおいて更新単位が100単位を超えている者は、本会ウェブサイトから資格更新申請を行ってください。(ただし、100単位のうち50単位は本会企画への出席・発表(論文掲載も含む)に限る)。100単位を満たさない者は本会ウェブサイト(https://www/jsum.or.jp/)から「超音波指導検査士資格更新申請書」をダウンロードし、単位を証明する書類とともにご送付ください。)

また、取得単位数が規定に達しない者に対しては、1年間を限度とした更新猶予の精度が設けられています。なお、資格更新の申請を行わない場合は、認定超音波指導検査士(腹部領域)の資格が取り消されます。

第4回「超音波指導検査士(腹部領域)」資格更新実施要領

1.資格更新対象者 以下の条件をすべて満たす者。
  1. 日本国の看護師、准看護師、臨床検査技師、診療放射線技師のいずれかの免許を有すること。
  2. 公益社団法人日本超音波医学会認定超音波指導検査士(腹部領域)で、2016年4月1日付けで認定されている者(有効期限2021年3月31日まで)。
  3. 申請時まで継続して、本会正会員、シニア会員、準会員(ここに掲げる一つの資格からここに掲げる他の資格に種別変更があった場合を含む)のいずれかであること。
  4. 超音波指導検査士(腹部領域)の認定を受けてから5年間に、資格更新に必要な研修・業績単位を100単位以上取得していること(50単位については本会が企画したものへの出席・発表(論文掲載も含む)に限る)。
2.申請方法・申請期間 下記のいずれかを選択してください。

<ウェブサイトからの申請>
本会ウェブサイトの会員専用ページにおいて、申請期間中に表示される指示に従って手続きすること。ウェブサイトから申請した場合、更新書類の提出不要。
申請期間:2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)
<書類送付>
申請書類一式を作成し、下記あて先へ必ず簡易書留またはレターパック(ライトまたはプラス)にて送付すること(普通郵便及び持参は不可)。
提出期間:2020年12月1日(火)~2021年2月10日(水)<当日消印有効>期日の延長は行わない
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-23-1 お茶の水センタービル6F
公益社団法人日本超音波医学会 超音波指導検査士係
3.更新審査・認定料5,000円を申請書類提出期間内に、本会指定の口座へ振り込むこと。いったん振り込まれた更新審査・認定料は返却しない。
4.資格更新猶予申請
  1. 更新申請期限内に規定の研修・業績単位数に達しないことが見込まれる場合、上記の申請期間内に所定の手続きを経た上で、1年間を限度として資格更新猶予期間を与えられる。
  2. 資格更新猶予申請書類を本会ウェブサイトからダウンロードし必要事項を記入の上、上記の申請期間に送付先へ送付すること。
  3. 猶予手数料5,000円を上記の申請期間内に振り込むこと。
5.その他の事項
  1. 指導検査士資格更新を行うことで保有する検査士資格領域も同時に更新されるものとする。
  2. 認定証の発送は2021年3月中を予定。
  3. 更新の結果は2021年4月に本会ウェブサイトにて指導検査士番号、所属、氏名を公開予定。
  4. 特別な事情で更新ができない場合は更新保留が可能。その他詳細は本会ウェブサイト参照。
  5. 不明点は、公益社団法人日本超音波医学会「超音波指導検査士」係に問い合わせること。
    (E-mail:soumu@jsum.or.jp

第4回超音波指導検査士(腹部領域)資格更新申請要領

公益社団法人日本超音波医学会
公益社団法人日本超音波医学会認定超音波指導検査士(腹部領域)資格更新の申請をする者は、下記の要領に従って申請してください。
資格更新申請書類は下記よりダウンロードしてください。
指導検査士資格更新申請書
指導検査士更新猶予申請書
1.資格更新対象者 以下の条件をすべて満たす者。
  1. 日本国の看護師、准看護師、臨床検査技師、診療放射線技師のいずれかの免許を有すること。
  2. 公益社団法人日本超音波医学会認定超音波指導検査士(腹部領域)で、有効期限2021年3月31日までの者
  3. 申請時まで継続して日本超音波医学会の会員であること。
  4. 超音波指導検査士(腹部領域)の認定を受けてから5年間に、資格更新に必要な研修・業績単位を100単位以上取得していること(ただし、50単位については本会が企画したものへの出席・発表(論文掲載も含む)に限る)。
2.申請方法・申請期間 バーコードカードまたは本会ウェブサイトの会員専用ページから資格更新単位を登録し、更新単位が100単位を超えている者は、本会ウェブサイトの会員専用ページから資格更新申請時期に表示される更新申請ボタンを押し、更新申請を行うこと。ボタンを押した場合は、申請書類一式の作成及び送付は不要です(ただし、更新申請ボタンは100単位の内50単位以上が本会規格への出席・発表(論文掲載も含む)として取得している方に限り表示されます)。
<ウェブサイトからの申請期間>
申請期間:2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)
ウェブサイトからの更新申請ができない場合は、以下「3. 郵送による申請の場合」を参照
3. 郵送による申請の場合 下記の書類を本会ウェブサイトよりダウンロードし、郵送すること。
  1. 超音波指導検査士(腹部領域)資格更新申請書・単位表(様式1)
  2. 超音波指導検査士(腹部領域)資格更新申請研修・実績単位証明書(様式2)
    *研修・業績単位を証明するコピーを貼付のこと。
  3. 超音波指導検査士(腹部領域)資格更新審査・認定料払込票兼受領証(コピー可)
    *様式1に貼付のこと。
申請書類提出期間:
2020年12月1日(火)~2021年2月10日(水)<当日消印有効> 期日の延長は行わない。
*消印有効日を過ぎて、事務局に到着した書類は受理できませんのでご注意ください。
申請書類提出期間:
申請書類一式を作成し、下記あて先へ必ず簡易書留またはレターパック(ライトまたはプラス)にて送付すること(普通郵便および持参は不可)。
〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町2-23-1 お茶の水センタービル6階
公益社団法人日本超音波医学会 超音波指導検査士(腹部領域)係
4.更新審査・認定料 5,000円
ゆうちょ銀行振替口座
口座番号:00130-8-93294
加入者名:公益社団法人日本超音波医学会
通信欄:第4回超音波指導検査士(腹部領域)資格更新審査・認定料・氏名・RSMS番号を記載すること。
*既納の更新審査・認定料は、いかなる理由があっても返却しない。
5.複数領域超音波指導検査士(腹部領域)資格の有効期間は5年間とし、更新手続は5年ごとに行う。指導検査士資格更新を行うことで保有する検査士資格領域も同時に更新されるものとする。複数領域を更新する場合も、更新審査・認定料は一律5,000円です。
6.申請単位の有効期間 初回更新の者―超音波指導検査士(腹部領域)資格認定日(4月1日)から5年後の1月31日までの単位が有効となります。
2度目以降更新の者―更新申請された年の2月1日から5年後の1月31日までの単位が有効となります。
(例:2度目の資格更新で、2021年4月1日が認定日の者は、2021年2月1日から2025年1月31日までの単位が次回更新時に有効な単位となります。)
7.審査結果の通知
および認定証の交付
  1. 審査結果は、認定証とともに2021年3月以降に申請者に通知します。
  2. 資格更新審査に適格と判定された超音波指導検査士(腹部領域)には、2021年4月1日付け認定証を交付します。
8.資格更新猶予
  1. 更新申請期限内に規定の研修・業績単位数に達しないことが見込まれる場合、上記の申請書類提出期間内に所定の手続きを経た上で、1年間を限度として資格更新猶予期間を与えられます。猶予手数料は5,000円。ただし、取得しているすべての検査士資格の領域を猶予することになります。
  2. 更新猶予期間は1年間限りで、この期間に必要単位を取得できない場合は、資格喪失となります。
  3. 猶予申請が認められた者には「猶予通知」を発行します。本証明書は次年度の更新時に同封すること。
  4. 猶予期間内に不足の点数を取得し、次年度の申請書類提出期間内に所定の手続きを取ること。単位有効期間は2020年2月1日から翌1月31日までとなります。
  5. 猶予申請をされた者の認定証は発行日から5年後の3月31日までを認定期間とします。
  6. 猶予期間内に取得した単位のうち、100点を超える単位分の「余剰単位証明書」は廃止します。
9.資格の喪失指定期間内に資格更新申請を行わなかった場合は、公益社団法人日本超音波医学会認定超音波指導検査士(腹部領域)制度規則により、超音波検査士としての資格は喪失します。
10.その他更新書類申請期間以後の受付期間の延長、猶予書類等は受け付けません。不明点は、本会超音波検査士係に問い合わせること。(E-mail:soumu@jsum.or.jp

更新申請書類記入要領

更新申請を希望する者は、この記入要領に準じて必要書類のすべてに遺漏のないよう記入してください。
a.公益社団法人日本超音波医学会認定超音波指導検査士(腹部領域)資格更新実施内規の改正により、研修・業績単位となる対象学会等に変更がありますのでご注意ください。必要研修・業績単位は、同資格更新内規をご参照ください。
b.申請書類「様式1の1、1の2、様式2」は学会ウェブサイトからダウンロードをしてください。申請書類の作成に際しては、パソコン入力又は、明瞭な楷書で記入してください。
c.超音波指導検査士(腹部領域)資格更新申請研修・業績単位証明書(様式2)については、証明となる書類等の原本又はコピーを貼付し、番号を記入して提出してください。学術集会等の出席証明の場合は、必ず「申請者名」「大会名称」「開催年月日」「出席証明者名(大会長名)」等がわかるように貼付してください。(記名部と出席証明部分を切り放している場合は、セロテープ等でとめて提出してください。領収証部分は必要ありません。)発表または論文の証明書類は、様式2に必要事項を記入の上ホチキス等でとめて提出してください。
d.資格更新に必要単位数を満たさない場合は、資格更新猶予申請の手続きをしてください。その場合、取得している領域すべてが猶予となります。希望する者は「猶予申請書類」を学会ウェブサイトからダウンロードをしてください。更新猶予申請が承認された者には、「猶予通知」を発行いたします。次回申請時に「猶予通知」を添付して申請してください。なお、この証明書の再発行はいたしませんのでご注意ください。更新猶予期間は1年間限りですので、この期間に必要単位を取得できない場合は、資格喪失となります。
e.提出された申請書類は返却いたしません。「超音波指導検査士(腹部領域)資格更新審査・認定料払込票兼受領証」及び「研修・業績単位証明書」が必要な場合は、必ずコピーを提出してください。
f.学会によって参加証の形式が異なります。
「申請者名・大会名称・開催年月日・大会長名・大会長印」のすべてが必要ですので、切り離した場合はこの状態にして貼付してください。「申請者名・大会名称・開催年月日・大会長名・大会長印」が確認できない参加証は無効となります。

※領収証は必要ありませんが参加証を発行していない会においては、主催元が発行している領収証であらかじめ氏名記載欄が作成してある場合において、申請者名が記入してあるものは、参加証と認めます(コピー可)。
参加証見本

「申請者名・大会名称・開催年月日・大会長名・大会長印」すべてが必要です。切り離した場合は必ず、この状態にして貼付してください。(コピー可)

※一般社団法人日本超音波検査学会が主催する学術集会、地方会学術集会、医用超音波講義講習会については、一般社団法人日本超音波検査学会発行の氏名が予め印字されている参加証であれば「申請者名・大会名称・開催年月日」のみのものでも認めます。