公益社団法人日本超音波医学会|The Japan Society of Ultrasonics in Medicine

教育委員会

必修講習会WEB配信

公益社団法人日本超音波医学会では、超音波専門医(以下「専門医」)、超音波指導検査士(以下「指導検査士」)及び超音波検査士(以下「検査士」)を対象に、資格更新時までに受講を必修とする講習(以下「必修講習」)を実施しております。

専門医、指導検査士及び検査士の資格更新要件として、資格更新時までに必ず1回は受講していることを必須とするものです。資格更新時までに必修講習を受講していない場合、更新単位を充足していても資格更新ができません。

※注意事項
・2021年5月22日18:00より、配信動画は新しい内容の必修講習に変わります。内容が変わっても、次回の資格更新までの間に、1回は受講していればよい講座ですので、既に受講されている場合、改めて受講する必要はありません。

【受講にあたっての注意事項】※受講前に必ずお読みください。

受講対象期間に該当しているかをご確認のうえ、お申込みください。必ずご自身の受講対象期間に受講してください。受講期間外の受講は資格更新単位として認められませんので受講日については、ご注意ください。

講習科目は「医療倫理」「医療安全」「超音波の安全」の3科目90分(各30分)の講習となります。なお、指導検査士の方は検査士としての受講も兼ねていますので、1回の受講で結構です。

【受講の流れ】

  1. それぞれの講義動画を視聴後、試験を受けてください。このテストに合格した者には「受講修了証明書」(PDF)が発行されますので、必ずご自身でダウンロードしてください。

    ※1 本会会員は、本会ウェブサイトの会員ページ(単位確認ページ)に、受講履歴が自動的に登録されます。 ただし、ダウンロードまで完了しませんと、受講履歴に反映されませんのでご注意ください。
    ※2 一般社団法人日本超音波検査学会のみに在籍している会員は「受講修了証明書」を保管し、超音波検査士資格更新申請時に提出してください。
  2. 会員ページには、1ヵ月ごとにまとめて、ウェブサイトへ更新します。受講日から、本会ウェブサイトの会員ページに反映されるまでにお時間がかかりますことをご了承ください。
  3. 購入後に、本会会員になられた方は、 本会ウェブサイトの会員ページにログインし、Web単位申請を行うことで必修講習の受講履歴を登録することができます。会員ページのメニュー画面にある「研修・業績単位の確認・申請」箇所から登録できます。
  4. 「領収書」及び「受講修了証明書」(PDF)の発行可能期間について
    ●2021年5月21日までにご購入された方
    「領収書」及び「受講修了証明書」(PDF)の発行は2022年5月20日までとなります。

     ※2021年5月21日までに試験を完了しなかった場合
     2021年5月22日以降は「講義動画の閲覧」および「試験」が受けられませんので、「受講修了証明書」は発行できません。「領収書」のみ上記期日まで発行可能です。
     この場合、必修講習の受講は完了しておりませんので、改めて受講いただく必要があります。十分ご注意ください。

    ●2021年5月22日以降にご購入された方(2023年5月27日まで販売いたします)
    「領収書」及び「受講修了証明書」(PDF)の発行は2024年5月27日までとなります。

    ※2023年5月27日までに試験を完了しなかった場合
    2023年5月28日以降は「講義動画の閲覧」および「試験」が受けられませんので、「受講修了証明書」は発行できません。「領収書」のみ上記期日まで発行可能です。
    この場合、必修講習の受講は完了しておりませんので、改めて受講いただく必要があります。十分ご注意ください。

会員 非会員ともに 6,160円(税込)

「医療倫理」 講師:川﨑志保理先生 (順天堂大学医学部心臓血管外科学・病院管理学/順天堂大学医学部附属順天堂医院医療安全推進部)
「医療安全」 講師:辰巳満俊先生 (奈良県立医科大学附属病院医療安全推進室)
「超音波の安全」講師:工藤信樹先生 (北海道大学大学院情報科学研究院生命人間情報科学部門バイオエンジニアリング分野)